犬の訓練・しつけ・長野県嘱託警察犬指導手・トリミングに携わってきた14年の実績と経験を活かし
犬の歯磨き(無麻酔歯石取り)をしています。

歯磨き時間は約30分。麻酔も薬品も使わず、
ほとんどの犬の歯を綺麗にすることが出来ます。

訓練士の見極め、トリミングの保定技術により、我慢のできない犬、噛みつく犬、麻酔が困難な老犬など、諦めてかけていた犬でも歯磨き(無麻酔歯石除去)をする事が出来ます。


犬の気持ちを大切に、飼い主の前で、常に褒めながら行うので、犬にとっても飼い主にとっても良い経験・勉強になるよう心掛けています。


※犬の歯磨き屋では医療行為はしていません。

 治療が必要だと判断した場合には、速やかに獣医にて診てもらうように指導しています。

※動物取扱業登録 第8-02019324号(訓練)

 犬の訓練・しつけ等を主体に考え、犬の歯磨きを行っています。

犬の歯磨き例

ミニチュアダックスフンド(3歳)

「犬の歯磨き屋」の思い

犬は優しく褒めれば理解する。

怖がらせない・暴れさせない、犬を安心させる保定の技術。

何故、ケガをさせずに無麻酔で歯石除去が可能なのか。

それは、保定の技術に関わってきます。


初めて歯磨きをされる犬にとって、

慣れない人に体や歯を触られることは恐怖であり、混乱したり、普通なら抵抗しようとします。

ドッグサロンでトリミングしている子なら他人に何かされる事には慣れていますが、それでも多少抵抗はあるでしょう。

人間でさえ歯医者さんが怖いのですから、かなりの繊細さを要求されます。


その子が今どんな精神状態なのか、どう触ったら気持ちがどう動くのか、

その子が抵抗するか、どれだけ我慢が出来るか・・・すべてを先に見極めます。

犬がいい子で我慢出来る精神状態になってから、初めて"歯磨き"をやり進めます。

抵抗させて暴れさせれば、怪我につながるばかりか犬に悪い経験を残してしまいます。

犬にとって良い経験で終わらせるには、保定が最も重要になります。


無麻酔・薬品不使用の歯石除去。

麻酔が使えない犬でも歯石まで取ることが出来ます。


性格・体質・体調・年齢により全身麻酔が不可能で歯石除去を諦めていた犬でも

犬の歯磨き屋なら身体への負担を少なく歯石を取ることが出来ます。

歯槽膿漏になって歯がぐらぐらになっていたり、性格がとても頑固だったり、

本気で噛み付いてくる子もいますが、少しでも聞き分けと我慢が出来る犬なら歯磨きすることは可能です。



飼い主には愛犬のことをもっと知って欲しい。

歯磨きを通じてもっとスキンシップをして欲しい。


犬は一度、嫌だと「抵抗した経験」を絶対に忘れません。

例えば爪切りでも、抵抗しているのに無理矢理抑たり、何度も逃がしてはやり直したりするのはNGです。

犬に抵抗させることを教え込んでいるのと同じです。


同時に、褒められたり楽しかったり気持ちが良かった経験もちゃんと覚えています。

最終的に”歯磨き”が犬にとって「良い経験」になることを念頭においてやっています。


歯磨きをしていると、その犬が普段どんな犬なのかが見えてきます。

そこから見えたものを、飼い主に知ってもらい、

愛犬に対して、どんな気持ちで、どんな触り方で接して行けば良いのかをお伝えします。

お家での歯のケアのやり方もお教えします。


飼い主にとっても、ご自分の愛犬を見つめ直せる良い機会となると信じておりますので、

ぜひ一度体験してみて下さい。

実際に目の前で私の歯磨きの様子をご覧になれば理解いただけるかもしれませんが、

決して料金をいただくためだけに、」歯を綺麗にしてお客様の犬に触っているのではありません。

犬や飼い主にとって良い経験になることで、絆が深まるお手伝いが出来ればと思い、犬の歯磨き屋をやっています。


警察犬の訓練やトリミング・ペットショップで働いてきて、今までたくさんの犬と飼い主と出会ってきました。

その中でたくさんの問題に気付き、歯磨きの必要性・歯石の危険性・犬の歯磨きから伝えられる事をもっと多くの方に知ってもらい、人も犬も今より幸せに暮らせる社会を作りたいと思いました。


歯磨き中は、噛ませないように、嫌がらせないように細心の注意をはらい

その子が尻尾を振るくらいストレスも怪我もないように終わらせるイメージを持ってやっています。

そのイメージは触る犬達によって毎回全く違いますが、それはこれまで訓練やトリミングを通じて沢山の犬に触れてきたからこそ、可能になるものだと自信を持って言えます。


歯磨きが終わって口臭もなくなれば、仔犬の時にはいっぱい顔をペロペロしていた最大の愛情表現がまた許されて

飼い主に改めて愛されるようになります。

そして、歯周病や虫歯で苦しむことなくその後も健康に生活出来るようにいつも考えています。


もしも、犬の歯磨き屋が気になる方は、是非一度お試しください。


愛犬に正しく寄り添い

愛犬も歯も一緒に守りましょう。

Twitter


MAP